Hatena::Groupclipping

clipping(not bookmark)

 | 

2010-03-20

これはあるあるある

10:48

ただ、父や母の不和と、それが生み出す強い緊張感、暗黙の強い要求と支配は、子供が自分自身の財産(小遣いやらお年玉やら)をどう使うか、という計画性や、正常な欲求の発達までも妨げたと思っている。どんなものに、どんな風にお金を使うのか。どう資産を運用するか。どう節約するか。何に使うか。そのことについて子供の頃に落ち着いて考え、学ぶことができた人のことを、私は羨望している。もちろん、必要を感じたなら今からでもやるしかないことではある。ただ、願望や欲求の正常な発達なしに、必要性だけでそれを手に入れようとすることはとても難しい。

no title

ふと気づいたら周囲の人が投資金融商品の話を普通にしていることに気づいて愕然とした20代を過ごした私が通りますよ。

計画性や欲求・欲望が育ってないんだなとわかったのが結構最近のことで、本読んだりセミナー行ったりしてきたけど、必要性だけでは身につかないのであった。同世代に比べて預貯金額が低いのは実家への送金があるというのもあるけど、常に目の前のことだけでその先は見ないできてしまったつけだなー。まあ先なんて見たくもなかったわけですが。

ゲスト



トラックバック - http://clipping.g.hatena.ne.jp/toya/20100320
 |