clovery clipbook

2005-12-19 (Mon)

[] ローマ字単位での文節調節方法 08:59

指向性メモ::2005-10-02::EmacsATOKの設定ファイルと効率的な連接変換方法

http://ishikawa.arielworks.com/memo/2005/10/02/221726

なお、「a t o k a g e r u(ATOKあげる)」のように、子音で終わる英単語の後に母音が続く文章の場合「あとかげる」となってしまい、C-LとC-Sではうまく文節の調節ができない。この場合はそれぞれにShiftを足してC-S-LとC-S-Kを入力すればローマ字単位で調整できる。

(エントリ自体とは関係ないけど)し、知らなかった……。

MS-IME 互換モードだと Ctrl+Space+[右左] でできるようだ。便利……かも。

トラックバック - http://clipping.g.hatena.ne.jp/topia/20051219