::memo:: type-R このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-03-01 (Tue)

[][] Windows XP無線LANの自動設定機能を無効にすると起動が遅くなる事象 21:27  Windows XPで無線LANの自動設定機能を無効にすると起動が遅くなる事象 - ::memo:: type-R を含むブックマーク はてなブックマーク -  Windows XPで無線LANの自動設定機能を無効にすると起動が遅くなる事象 - ::memo:: type-R

あれ?うちの無効にしてたような……?

whirlwhirl2005/03/01 23:26> その際、要求者は、会員本人の死亡証明書と裁判所命令等、故人である会員の口座に残っているマイルの相続権を有することを確かに証明する書類を提示する必要があります
書類提示が必要あるます(とぴあ語)なのであれがなになんじゃないすか?

lovelylovely2005/03/01 23:34遺言状=証明書類 になるんですか?

whirlwhirl2005/03/01 23:59とても大ざっぱに言えば、遺言状は家庭裁判所に提出して検認してもらう必要があったりとかそいいう事です(わかりにくい

lovelylovely2005/03/02 00:39えーと、もともとの文は、法定相続人であることが証明できれば遺言状がなくても相続できるのでは?という意味で書いたのですが、違うのかしら?(> >908さんの書き方だと遺言に書かれていないと法定相続人であっても相続できない=遺言状がないと相続できないように読めるので、「法定相続人で遺言状がない場合」を考えました。)

whirlwhirl2005/03/02 00:47相続権を有することを確かに証明する書類を提示する必要があるみたいなので、裁判所命令とかまあそんなのがいるのでしょう。故人の子供だからマイルくれと言っても受け入れてもらえないとかそいういう事かと。

lovelylovely2005/03/02 01:12えーとえーと、しつこくてすみません。なんか話がかみ合ってないように見えるのは私に読解力がないからでしょうか。
「法定相続人であることを証明する」のと「遺言状の有無」は直接関係ない(遺言状以外の何らかの方法で法定相続人であることが証明できればいい)と思って当該記事のコメントを書いたのですが、そういうことではないのでしょうか。法定相続人であっても、相続人であることを証明するのに遺言状は絶対不可欠なのでしょうか。(もしそうなら自分も準備しておきたい。)

whirlwhirl2005/03/02 01:23「マイルの相続権を有することを確かに証明する書類を提示する必要があります」なので、遺言等で「○○に私のマイルを」とかかかれていてそれが有効であると証明されなければならないって事じゃないんでしょうか?
単に法定相続人であることが証明されても「マイルの相続権」の有無はわからないですよね?

lovelylovely2005/03/02 01:42ああ、そういう解釈でしたか。でもそれだと「何の為の『法定相続人』なの?」という疑問が湧いてきてしまう私です。(ANA に聞かないと正解はわかりませんので渦さんに問うているわけではないです。)
通常(マイル以外の資産)は法定相続人であれば遺言状がなくても相続できるけど、このマイルの件のみは特例ということなのでしょうか。それとも通常の相続でも同様なのでしょうか。法律関係詳しくないのでわからん……。後者だったらこわすぎる。

whirlwhirl2005/03/02 08:02遺言あっても無くても、分割協議書を作成してとかいう手順だったと思うので、そいう証明書類あればいいのだとは思います。
> 「何の為の『法定相続人』なの?」
逆に法定相続人で無い人が何かを相続したり、法定相続分ではない割合で相続したりした場合に、法定相続人であるという理由だけで、法定相続分の遺産の名義変更とかできたら問題出ますよね?

whirlwhirl2005/03/02 08:36何度もすみません。上のが我ながらあちこち変な表現だなあとおもったってのと、>>911 がるりさんならそいう感じですとかいう感じなのでまたポスト。(マイルの分割が可能かどうかはそれこそANAに聞かないとわからないですが。)

lovelylovely2005/03/02 09:45初めに、私は911さんではありませんし、他の名無しとしてもあのスレに書き込んだことはありません。
それでまあ、私が言いたいことは概ね911さんの書いているのと同じです。
条件の揃った「正当な相続人」であっても「遺言状」という名の書類がなくては相続できないのか?という一点だけが最初の疑問であり、それはなくても(他の書類で証明することさえできれば)相続できるであろう、ということだけです。
法定相続人が複数いる場合とか、法定相続人以外に譲るという遺言状がある場合にどうなるかということは想定していませんでした。(実際にそういう状況になりうるかどうかではなく、遺言状の有無のほうだけを考えていたので。)そのへんが行き違いの原因でしょうか。