Hatena::Groupclipping

mEmo

作ったもののめも

2009-03-20

[] シュラスコ - Wikipedia 15:56

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%B3

シュラスコを供するレストランを「シュハスカリア」(churrascaria)と呼ぶ。牛を中心とした肉(中には鶏のハツなども含まれる)の様々な部位を串刺しし、ギャルソン(もしくはシュハスケイロ、牧童の格好をしている場合はガウーショ)と呼ばれる男性ウエイターが串ごと客席に運び、目の前で食べたい量を切り分けるという供し方が特徴。ウエイターが持ってくる串は肉類だけではなく、エビやパイナップル焼きバナナなどもある。パイナップルは酵素が肉類の消化によいとされており、理にかなっているといえる。

シュハスカリアの中には食べ放題(Rodizio、ホジージオ)で供される店もあり、サラダバーなども併設している。テーブルにはバナナやファリーニャ(キャッサバ粉のフライ)、米飯、パンに加え「食べ残し用の皿」も置かれる。加えてひっきりなしにウエイターが様々な部位の肉を持ってきて聞いてくる為、大食漢でもない限りある程度自分の腹具合と相談しながら食べることになる。そのため、非常に完食が難しい料理でもある。



ーー中略ーー



基本的に必要以上の肉がまわってきた場合はその都度断ればいいのだが、シュハスカリアではそういった手間を省く為に表裏に緑色・赤色で塗った金属片や木片、またはカードを置いてあることがある。緑色を上にすると「肉を持ってきて欲しい」というウエイターに対する意思表示(サイン)になり、逆に赤色を上にすると「いらない」という意思表示になる。

ただし、サインを赤を上にした場合、日本ではサービス提供のすべてを断り、食事は完全に終了したと見なされる。したがって、自分が望む肉の種類や肉質などが来ない場合は延々と待たずに、遠慮なくギャルソンや店員に言えばよい。ブラジル人のギャルソンは日本人の気質と違い、客の要望は嫌な顔もせず、文句を言わずにすんなりと応じてくれる(ただし時には欠品する場合などもあるので注意)。

2009-02-25

[][] フェジョアーダの作り方 14:11

http://www.h6.dion.ne.jp/~choro443/newpage4.htm

ブラジルの黒豆(フェイジョン・プレット)を燻製肉や干し肉の牛や豚、ブラジル製の腸詰ソーセージなどと煮込んでニンニクと塩味でスープ状に仕上げたもので、ニンニク塩味ライスにかけて食べます。

いきなりフェジョアーダ食べたいと言われて( ゚д゚)へあ?ってなった。

[][] フェジョアーダ 14:11

http://www.latinyamato.com/feijoada.htm

('∇')

[][] エスニック料理 フォト・レシピ集 - SPICY FILES - 16:43

http://www.iris.dti.ne.jp/~senuma/

('∇')